トッポンチーノ?

トッポンチーノをご説明いたします。

つくばトッポンチーノ保育園では、当園の前身である「つくばモンテッソーリ子どもの家」の教育理念である「モンテッソーリ教育」を取り入れ、子どもの生きる力をぐんぐん伸ばす保育を目指していきます。

 

モンテッソーリ教育では「お仕事」と呼ばれる自らが選ぶ活動を通して、子どもの「自主・独立・知的好奇心」を育み、社会的貢献を果たす人材となることを目的としています。

オバマ大統領や、英王室のウィリアム王子など、モンテッソーリ教育を受けた著名人は世界中に数多くいます。

 

モンテッソーリ教育は親子で楽しめる「世界の教育」です!

 

つくばの自然、あたたかな大人に囲まれ、子どもたちの健やかな成長のために力を尽くしていきます。

どうぞ、つくばトッポンチーノ保育園に遊びにいらしてください。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育では、子どもの活動(作業)を「お仕事」と呼びます。

お仕事とは、子どもの敏感期に即した環境の中から興味を持ったことを自ら選び、やり遂げる活動です。子どもの知性の発達を促し、日々の自己活動、および集団活動は心の糧となり人間形成の下地となります。とりわけ日常生活の練習では手先を存分に使い、磨き、子どもは「自分の意思通りに動く体」を獲得します。さらに知的好奇心は旺盛になり、何度でも挑戦する喜びを感じながら自己肯定感が高まります。

お仕事って?

「おくるみ」「ちいさなおふとん」

トッポンチーノイタリア語で「おくるみ」「ちいさなおふとん」を意味します。

トッポンチーノはモンテッソーリ教育において子どもの心の安定と発達を促す大切な環境の一つです。トッポンチーノに包まれた赤ちゃんは、ママの腕の中と同じくらい安心した気持ちになれるのです。わたしたちは、まさにトッポンチーノのように子どもたちにとっても、ご家族にとっても安心で、幸せな環境作りを目指します。

私たちのミッション

私たちつくばトッポンチーノ保育園は、前身の「つくばモンテッソーリ子どもの家」同様に「マリア・モンテッソーリの教え」を実践し、子どもたちの自立をお手伝いしていきます。

また、つくばトッポンチーノ保育園が、地域の憩いの場として親しまれることが、子どもの成長にも欠かせないことと信じています。地域の皆様、保護者の方々、そして、誰よりも子どもたち一人ひとりに寄り添い、世界に平和や子どもたちのパワーを発信していきます。

 

教 材

児童の作品

Copyright(C) 社会福祉法人 こころの種福祉会 つくばトッポンチーノ保育園

〒305-0018 茨城県つくば市金田185-1 TEL029-893-4839